top of page

今日の数字「30億3000万」

皆さん、こんにちは。

今日は「30億3000万」という数字にフォーカスします。

さて、一体何にかかわる数字でしょ?



7月3日からいよいよ新紙幣が流通します。

千円札、五千円札、一万円札が新たなデザインに変わるのは皆さんご存知ですよね。


そこで今日はお札に関する数字を取り上げてみました。


2023年度の日本における紙幣の流通枚数は、

家庭や企業、金融機関などで年越しした銀行券の総額が124.6兆円、

枚数では約185.4億枚に達しました​。


一方、2023年度に製造された紙幣の枚数については、次のように定められています:

  • 一万円札:1,880百万枚

  • 五千円札:190百万枚

  • 千円札:960百万枚


これらを合計すると、3,030百万枚「約30億3000万枚」の紙幣が製造されています​。


因みに、紙幣、硬貨合わせても年々製造される枚数は減少傾向なようです。

電子決済やタッチレス決済で現金を使うシーンが減っているのが影響しているようです。





Comentários


最新記事

bottom of page