top of page

今日の数字「535299」

今日はこの数字をネタに。 53万5299人・・・


これは、2023年度の米子鬼太郎空港の国内線搭乗者数で、53万5299人に達しました。 この数字は、前年の39万8790人から見ると、134%の増加を示しています。 この急激な回復は、新型コロナウイルス感染症の影響が緩和され始めたことを物語っています。 特に国内旅行の需要が回復していることがこの増加から伺えます。

一方で、鳥取県にはもう一つの主要な空港があります。 それが鳥取砂丘コナン空港で、こちらの2022年度の搭乗者数は28万5314人、2023年度には37万4150人と、こちらも131%の増加を見せています。 この2つの空港のデータから、鳥取県内での航空需要が全体的に増加していることが明らかになります。

このような増加は、ビジネスと観光の両面での地域経済の活性化に寄与しています。 国内外からの観光客が増えることで、地元の宿泊施設や飲食店、観光地が恩恵を受け、地域経済が刺激されるのです。

また、ビジネスの面では、地域に新しい企業が進出しやすくなり、また既存の企業も活動を拡大しやすくなります。


これらの数字を見る限り、航空アクセスの向上が直接的に地域の経済成長や発展に結びついていることがわかります。特にポストパンデミックの回復期において、人々の移動の自由が増すことで、さまざまな産業が活性化する効果が期待されます。このような状況は、地方自治体や地域の観光組織にとっても、積極的なマーケティング戦略やインフラ整備の重要性を改めて認識する良い機会と言えるでしょう。


航空交通の活性化は、地域のアクセシビリティを向上させ、より多くの人々を惹きつけることができるため、地域全体の魅力を高めることに寄与します。今後もこの傾向が続くことが、鳥取県のさらなる発展につながることでしょう。



Comentários


最新記事

bottom of page