top of page

今日の数字「50」

これは何の数でしょう?

実は、日本のネオン管をつくる職人の数が現在、全国でたったの50人にまで減少しているようです。


ラスベガス、香港、マカオ・・・そのカラフルでアイコニックなネオンサインで有名であり、ネオンミュージアムが多くの歴史的なサインを展示しています。

また、東京は日本の「ネオンの首都」とも呼ばれ、新宿や渋谷などの地区がネオンで彩られています。これらのサインは夜の街の象徴として、また観光の目玉としても機能しています。

現在、LEDにはない、その鮮やかな色とレトロな魅力により、ネオン管ブームがジワジワと再燃しています。

特に商業施設や芸術の分野で見られます。最近では、ネオンサインがインテリアデザインやイベント装飾で再評価され、新たなデザインの形として若者の間で人気を博しています。




特に都市部では、カフェやバー、レストランのファサードを彩るアイコニックな要素としてネオンが使われており、その魅力が再発見されています。このブームは、古典的な技術への敬意と現代的なスタイルの融合を象徴しています。


Comentários


最新記事

bottom of page